かげながら応援ブログかげながら応援ブログ

  1. HOME
  2. かげながら応援ブログ

長野法人会 かげながら応援ブログ

記事一覧

校正作業

2017.03.10

現在、年度末と年度初めに向けての業務が混在していて、毎日が慌ただしく過ぎていきます。

 

そんな状況下で、あるパンフレットを作成するにあたり、事務局全員で校正作業をしましたが、本刷りに入る前に日付と曜日の記載ミスが判明したのです。依頼している印刷会社さんに発見いただきました。

 

印刷会社さんに感謝するとともに、事務局も全体で気を引き締めていかなければなりません。

 

それにしても、校正作業は難しいです。以前、出向先で「校正作業は二人一組になって、声を出して読み合わせが原則」となっており、私はその担当をしたことがあります。

 

その時は職員の数も多く、十分な時間もありましたが、現在の長野法人会は少数での勤務です。ないものねだりなどしていないで、現有勢力でどのように能率的に進めていくかしっかりと考えていきたいものです。

 

事務局 関

これはまずいです

2017.03.08

中小企業の社長の苦悩

 

割烹経営の社長さん。62歳。自ら創業し、立派な宴会場を含む店舗を立て、おいしい料理を提供し続けて30余年。

 

「あと3年で借入金を返済できる。そのとき65歳。息子は家業を継がずにサラリーマンの道に進んでいる。店を畳むのは仕方ないとしても、借金がなくなったとたんにこの店舗を取り壊す段取りをしないといけない。借金を返そうとがむしゃらに頑張ってきた俺の人生って何なんだろう?って思うんだよね。おまけに年金だってほとんどないし。

会社の勝ち組、負け組ってなんだろうと考える。仮に資産を1億円残したとしたら、それが勝ち組なのかな。でも俺にはそれは無理。店を閉めるときに一人でも寂しく思ってくれる人がいるとしたら、その時点で俺は勝ち組でいいんじゃないかと思うようにした。

限られた時間は決して多くないけど来てくれるお客さんに刺身が厚くて旨かった、魚の煮つけが美味しかったよって言ってもらえるように地道に頑張るしかないね。

愚痴っぽくなってしまったけど、やっぱりさ、関さん、サラリーマンが一番いいよ」

 

こんなふうに感じている会員さんって、意外と多いかもしれない・・・と思いながら、ただ黙って聞くしかありませんでした。

 

経営者の団体、よき経営者をめざそうという団体に加入している社長さんが、その地位を卒業するときに、後継者にバトンタッチするときに「ああ、経営者の人生でよかった、生まれ変わってもまた経営者になりたい」と思えるようになってほしいです。

 

そのために法人会として何をしていくべきか。役員皆様とともに考えていこうと思います。

 

事務局 関

満足より感動を

2017.03.03

年度末を迎え、何かとこなさなければならないデスクワークが多い中、機関誌の取材、会議の後の懇親会などで会員さんとお話する機会に恵まれています。

 

先日、ある女性社長さんがおっしゃった心に響くフレーズがありました。

 

"満足よりも感動を"

 

お客さんに満足してもらえるのは当たり前のこと。それ以上に感動してもらうことを目指さないといけない!

 

法人会活動で感動・・・と言ってもなかなかピンと来ません。

 

今までどうしたら会員さんにメリットを感じてもらえるか?という視点で考えてきましたが、どうしたら感動してもらえるか?という考え方に変えてみようと思います。

 

事務局 関

会員企業への取材について

2017.03.01


WEBサイト不撓不屈コーナー取材
右が山浦悦子社長

機関誌やWEBサイトの取材で、会員企業を訪問する機会に恵まれます。1時間ほど、みっちりと経営に対する考え方、自社の商品や業界に対する熱い想いなどをお聞きします。この時こそ、法人会という団体に就職してよかったと感じる瞬間です。

 

今週もハイブリッドジャパンの山浦悦子社長、土木管理総合試験所の下平雄二社長を訪問し、創業から現在までの道のりや経営面で最も気を配っている点などをお話しいただきました。

 

会員企業の皆様にも、ご参考にしていただける面が多いかと思いますので、WEBが公開になった際、機関誌が届いた際には、ぜひご覧いただきたいと思います。

 

事務局 関

プレミアムフライデー

2017.02.24


プレミアムフライデーの中、
慎重審議の川中島部会理事会

本日は川中島部会(小林忠治 部会長)の理事会が午後6時から開催されました。


任期満了に伴う役員改選に関する議題があり、慎重審議がなされた会議でした。


小林部会長をはじめ執行部の入念な準備が実り、原案どおりすべての人事案が承認され、4月の総会に上程される運びとなりました。

 

会議のあとは懇親会、和気あいあいで笑いの絶えない宴会。


役員さんの中には「関さんもせっかくのプレミアムフライデーなのに、仕事でかわいそうだ。しかも酔っぱらいの相手で気の毒だ」などと言われた方もいらっしゃいますが、部会の懇親会は参加者の多くが本音で語ってくださるので、事務局にとっては大変有意義です。

 

役員皆様に「会社でのプレミアムフライデーの実施状況は?」と尋ねたところ、今日に限っては一社も採用した会社はありませんでした。来月以降世間の動向を見極めて判断していきたいとの声が多かったです。


「とは言っても、社長の俺たちは毎日がプレミアムだからな!」と豪快に笑って場を盛り上げている姿が印象的でした。

 

事務局 関

かげながら応援ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.