かげながら応援ブログかげながら応援ブログ

  1. HOME
  2. かげながら応援ブログ

長野法人会 かげながら応援ブログ

記事一覧

役員改選の会議

2017.01.27

本日は夕方よりK部会(仮称)の幹部会があり、顧問と正副部会長に出席いただきました。

議題は4月のK部会総会で議案となる任期満了に伴う役員改選の件。

 

従前より部会長は今期をもって退任する意向を示しており、本日の会議で次期部会長が指名されたのです。後任に指名されたT副部会長は年齢的にも一世代若い方で、「謹んでお受けし、K部会の代表として、本部の役員として、精一杯務め上げたい」と述べました。

 

その後の懇親会でも、顧問や部会長より「Tさん、本部に行けば立派な社長連中がいっぱいいる。みんな見ていないようで、Tさんの一挙手一投足をしっかり見ている。それはTさんの評価でなく、K部会、K地区の評価にもつながるわけだからその辺もしっかりわきまえて頑張ってほしい」と叱咤激励があり、それをT副部会長は神妙な面持ちで聞いていました。感動的な伝達式という雰囲気で、私は正直なところジーンとしてしまいました。

 

その新部会長を支える一人が私たち事務局です。かげながらも力強いサポート役になろうと気持ちを新たにした会議でした。

 

事務局 関

1月も終盤です

2017.01.26

1月も残すところ5日を残すのみとなりました。この時期になれば正月気分は遥か昔に吹き飛んでしまいます。ですが、仕事のことで「今年こそは!」と誓ったことだけは、正月気分のように吹き飛んでしまわぬよう、もう一度振り返ってみたいと思う時期でもあります。

 

さて、事務局の現況はと申しますと、16日に理事会が終了し、現在は本年度の事業報告と決算、次年度の事業計画と予算作成の準備に余念がありません。ある程度の原案を整え各委員長や部長との打ち合わせを通して機関決定を経るための準備と申しましょうか。

 

本年度を振り返り反省をしながら、次年度の準備をする中で、こうすれば会員さんに喜んでもらえる、会の発展につながるとイメージする仕事ですから、創造性に富み私たちにとっては非常に有意義な業務と言えます。

 

以前山浦会長は私にこう言いました。「俺は団体っていうものは事務局次第だと思うんだ」。

事務局の熱意が会運営には重要なのだということなのでしょう。責任重大です。定款をはじめ事務局運営規則などを遵守し、会のために、会員さんのお役に立てるよう気持ちを引き締めて業務に取り組んで参りたいと思います。

事務局 関

2月の落語寄席

2017.01.24


2/5東部部会落語

 

2月には法人会落語寄席が2回行われます。

5日(日)に東部部会、18日(土)に安茂里部会が開催します。

会員さんだけでなく、地域一般の方々にもお越しいただけますので、お誘いあわせのうえご参加をお願いします。

 

さて、落語寄席を開催する部会では、役員が中心となって運営会議を開いていただきます。

ある部会の会議後の懇親会で、落語のネタになるような面白い会話があったのでご披露します。

 

役員A(ちょっと早口):私も学生時代は「落研(おちけん:落語研究会)だったんですよ」

役員B:えらい、遠くまで通っていたんだね。

役員A:(???と思いながらも)だから落語寄席を楽しみにしています。

※しばらくして・・・

役員B:高知は行ったことないけど、坂本竜馬や土佐カツオぐらいしかイメージがわかないなあ。

役員A:私も高知は行ったことないですねえ。

役員B:(???と思いながらも)えっ?大学は高知でしょ?高知県。

私:もしかして「おちけん」と「こうちけん」の聞き間違えですかね。

 ※一同爆笑

文字起こしをすると他愛もない会話ですが、その宴席では結構盛り上がった会話でした。

 

事務局 関

ビジネスサポート2月号

2017.01.19

早いもので、1月も下旬に差し掛かろうとしています。

機関紙2月号の準備も進んでおり、紙面の校正作業、そして折込チラシの手配なども行われています。

 

会の活動状況のお知らせ、ご案内、そして専門家によるコラムで紙面が賑わいます。

その他、会員企業の広告チラシも同封する予定です。

 

素晴らしい情報をお届けし、企業経営のお役に立つことができれば幸いです。

 

事務局 関

新年賀詞 "交 歓 会"

2017.01.17

昨日は理事・企画運営評議員会合同会議が開催されました。

文字通り、当会の理事、企画運営評議員によって構成される会議ですが、その他、各地域の部会役員、青年部・女性部の役員そして、本年度の新入会員にもご出席いただいた盛大な会合となりました。

 

会議では審議事項はなく、6委員会そして青年部・女性部ごとの事業報告がなされ、その後は新入会員の紹介がありました。

 

引き続いての賀詞交歓会には、長野税務署、関東信越税理士会、受託保険会社の幹部の方々にもご臨席いただき、総勢140名にも及ぶ賑やかな新年会となりました。

 

面白い話がありまして、お酌をしながらご挨拶に回っていると、「交歓会」なのか「交換会」なのか、主催の団体によって様々だという会話を耳にしました。当会の「交歓会」だと「ともに喜びを分かち合う」という意味、一方「交換会」だと「お祝いの言葉を交換する」という意味があるという主張がなされていました。

 

そこに仲裁的な立場の役員さんが「まあ、新年からそんな堅苦しい話はどうだっていいじゃないか!平仮名にしてしまえば、どっちだって"こうかんかい"なんだからさ。お互い健康で会社の業績がよくなるってことを祈って飲もう!」と発言し、一件落着となりました。

 

会場のあちこちでこのような談笑シーンがありましたが、皆様どんなお話をしていたのでしょうか。気になるところです。

 

事務局 関

かげながら応援ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.