かげながら応援ブログかげながら応援ブログ

  1. HOME
  2. かげながら応援ブログ
  3. 会員さんとの会話

長野法人会 かげながら応援ブログ

会員さんとの会話

経営相談室のご利用を!

2012.09.03

本日、会員さんからの問い合わせで「相談室についてうかがいます」との電話をいただきました。

①忙しいから、指定の日時にうかがうことができなくなるかもしれない、ドタキャンになったら相談員の先生に失礼

②こんな小さな問題で弁護士に相談したら、申し訳ない

という理由で、結局、「相談室の予約に踏み切れない」ということでした。

確かに、①のドタキャンは、弁護士等、相談員の先生もいらっしゃることで、困ってしまいますが、②については、相談員の先生方も「そんなことお気になさらないで、トラブルや問題は小さなうちに芽を摘んでおいたほうがいいです!」とおっしゃっていますので、まったく気になさらないでください。

会員さんの相談室利用が、多ければ多いほど、良いものではありませんが、何かあったときには、速やかにご利用いただきたいと思います。

事務局 関


oh my gosh!

2012.08.17

夏期休暇をいただいており、一週間ぶりの勤務でした。

休みボケから回復していないせいか、電話対応で「ああ、やってしまったぁ」がありました。


私「お電話ありがとうございます。長野法人会 関でございます。」

電話主「はい、お世話さーん。わりけんさー(悪いけどさぁ)、30日、行かんねくなっちゃった(行かれなくなった)から、資料だけ送ってくれるかい?」

私「ああ、30日にホクト文化ホールで行われる決算説明会の件ですね。はい、かしこまりました。」

で、ここでなぜか一呼吸を置いてしまったのがまずかった。

電話主「じゃ、お願ーい。(ガチャン)」

私「・・・(今の誰?)」

幸い、事務所の電話はナンバーディスプレイのため、すぐさまリダイヤル。

ところが、一向に通じません。

次の手段として、当会の会員情報管理ソフトは電話番号検索が可能。

しかし、調べてみても、その番号は該当なし。

結局、一日中、その番号に電話をかけてみましたが、通じることはありませんでした。

勤続20年になろうかという職員がする対応ではありません。深く反省をしつつ、この番号に電話し続けようと思います。

事務局 関

ビジネスマナーより大事なもの

2012.07.25


良寛のカレンダー

法人会事務所のカレンダーには、毎月、良寛の言葉が書かれています。

7月の言葉「駄目な子はいない 駄目な親がいるのです」

私も中学生の子を持つ親として、同僚(小学生が二人いる)とカレンダーを見るたびに、「身に染みるねぇ」と話しています。

そんな中、今日も法人会費の集金のため、ある会員企業を訪問した際に、人事担当の方とお話する機会がありました。

4月から新入社員が入社して、試用期間も終わり、正社員として活躍しはじめている・・・・はずだが。

その担当者は、「私たちの指導が足りないのがすべて」と前置きをしたうえで、「今の若者はしっかり本を読んだりして、ビジネスマナーについては、しっかり学んでいるけど、なにせ人間としてのマナーが身についていないから、せっかくのビジネスマナーが活かされてこないんだ」と話していました。

「本来は社会人ともなれば人間としてのマナーを身につけているのは当然だけど、今はここから教えていく必要があるから大変だ。いったい、今まで家庭でどんな教育を受けてきたんだ?というのが多い」とも。

事務所に帰って、改めてカレンダーを見ながら「駄目な親」から脱皮しないといけないなと思ったのでした。

事務局 関





男女平等?

2012.07.23

今日はある会員企業へ届け物をしました。それは重たいものでした。

あいにく社長が不在であり、対応してくださった女性社員(Aさん)に渡しました。するとAさんは、重たいものだということを察知して、近くにいた男性社員(Bさん)にSOSを出したのです。

するとBさんは「はぁー?今は男女雇用機会均等法があるでしょ。男女平等ですよ」と言って、席も立たず、重たいものを持ってくれません。

男尊女卑の対極にいる私は「何なんだ?この男は?」と開いた口がなかなかふさがらず、見かねて「じゃあ、私が中までお持ちしましょう」と言いましたが、Aさんも「そこまでしていただかなくて結構です!」といら立ちの様子を隠さず、眉間にしわを寄せて奥まで運んでいったのでした。

数時間後、その会員企業の社長から御礼の連絡があり、お持ちしたときの様子をお話してみたのです。


すると・・・

Aさんは、常日頃から男女雇用機会均等法を主張して、「何で女だからって、お茶くみや掃除をしないといけないんですか!?」「これって男性でもできますよね」という発言が多い一方、自分の都合によっては「レディファースト」「女心を理解して」などと言うのだそうです。

こんなことから、男性社員も「おいおい、いい加減にしてくれよ」という雰囲気になってしまうとのことでした。

うーん、殊のほか難しい問題ですね。

事務局 関

法人会の見方

2012.07.19

現在、会員皆様から会費を納めていただく時期で、事務局も集金にうかがって、いろいろなお話をお聞きします。

その中で、「あー、こんな見方もあるんだな」と思ったことがあるので、ご紹介します。

「俺はね、取引先で、いつも仕事をもらっている社長からの紹介で、法人会に入れてもらったんだ。その社長には昔っから世話になっていて、頭が上がらなくてね。人間的にも師匠みたいなもんだ。その社長が言うんだよ、『仕事では俺とお前でははっきりと上下関係みたいのがあるけど、この会(法人会)に入ると、上も下もない同じ会員で、議決権も一つだから、平等だぞ』って。」

法人会は5,952社の会員企業のうち、資本金1千万円以下の企業が約82%を占めており、逆に1億円以上の企業は約1.2%(69社)しかありません。会費は資本金が多くなるほど高くなっていますが、議決権は一つです。

こういう考え方もあるんだなと、思った次第です。

で、前出の社長は「だから、法人会の総会等に行くときは、もちろん師匠とでかけるけど、その時だけは大きな顔をしているんだよ」と笑いながら話してくれました。


かげながら応援ブログ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.