かげながら応援ブログかげながら応援ブログ

  1. HOME
  2. かげながら応援ブログ
  3. 会員さんとの会話

長野法人会 かげながら応援ブログ

会員さんとの会話

早口について

2012.06.14


三輪部会の研修会で講師を務める池田上席(中央奥)

本年度の部会別税務研修会、24会場の全てで講師を務めてくださった池田さん(税務署 上席国税調査官)。毎回、ご出講ありがとうございました。

池田さんはある研修会場で、参加の会員さんから「早口で聞きづらかった」という指摘を受けて、「今度はゆっくりめに話したい」とかなり気にしておられるご様子でした。

さて、何を隠そう私もかなりの早口で、電話で「法人会の関です」と言っても、先方からは「法人会のイキさんですか?」「老人会の関さんですね」などと言われることもしばしばです。

昨年のことですが、話し方のプロである浪 宏友 先生(ビジネスサポートながのにご執筆いただいている)に相談したことがあります。

先生は「早口は決して悪いことではありません。アナウンサーの中でも、早口の人はたくさんいますが、決して聞きづらいわけではないでしょう。なぜかというと、そういう方は、話している中で、言葉の一つ一つを大事に思いを込めて発しているんですね。これを意識していれば、早口でも聞きやすい口調になりますよ」と教えてくださいました。

私も今一度、先生の言葉を思い出して、話し方に気を付けてみようと思います。

事務局 関

お気に入りのラーメンが・・・

2012.06.11


写真は、ある会員企業さんの特製ラーメンで、「福福ラーメン」と言います。

カツレツをはじめ、様々な具が乗っており、食べごたえは十二分で、金額も1,150円でラーメンとしては、少し高めの値段。

私は、元気が足りないときや、自分で自分に褒美を取らせたいときなど、食べに行きます。

ところが、先日、お店の社長から電話が来て「大家さんから立ち退きを迫られたから、店を辞めることにした。」と。

「またどこかで出店してください」と懇願しましたが、「へぇ(「もう」という意味)、齢したから隠居だ」と寂しいお話でした。

事務局 関


事業承継のきっかけ

2011.10.03

事務局伊藤です。

 

先日実施いただいた青年部税金勉強例会の懇親会で

ある後継者の方Aさんに跡を継いだきっかけを教えていただきました。

 

Aさんは小さい頃は跡を継ぐのは真剣に考えていなかった、

むしろその気はなかった、そうです。

Aさんはおじいちゃん子だったそうですが、創業者であるおじいさまが

体調を崩されたときに、「おじいちゃんを助けたい」という気持ちで

家業に飛び込んだそうです。

「最初はただ、おじいちゃんのためにという気持ちだけでしたけど

その後は社長(お父様)にうまく乗せられてココまで来てるってカンジですかねぇ」

と仰ってました。

 

どんなきっかけであれ、いまは真剣に自社の発展のために勉強をされてる姿には脱帽です。

法人会も発展のお手伝いが出来るよう精進いたします。

決算書を読むことの重要性

2011.07.29


本日は、OA機器をの販売・メンテナンス業を営むM社長を訪れました。法人会の役員として、5件分の会費集金をしていただいて、そちらを受領するために。

その後、「たまにはお茶でも飲んでいけや」とありがたいお言葉をいただいて、30分ほどお話しをしてきました。

M社長は自分自身の会社を知るためには、自社の決算書を知り尽くす重要性を話してくださいました。経営者としてP/LやB/Sを知っていても、その先にある会社の課題や問題点まで読むことができないと、今後生き残ることは難しいと。

社長だけでなく、全社員にもこのことを徹底し、自社の強みや弱みを共有しているそうです。その結果、社員さんのモチベーションもあがって、7月期としては過去と比べて利益率がいい状態にあるそうです。

私が気になったのは、社長室に掲げてあったスローガンです。(写真)

毎年社員さんと共に作り上げるそうですが、今年のそれはおりしも"数字に敏感になる"というもの。

景気がよくない中でも、たゆまぬ努力を続ければ、好結果につながるんだと感じました。

 

事務局 関

 

 

 

 

 

 

役員さんよりありがたい℡

2011.07.26

本日、17時45分に帰宅しようとすると、事務所の電話が鳴りました。

法人会の役員を務める会社の社長さんからでした。

開口一番、「あー、ごめん、ごめん、お詫びの電話なんだ」

どうされたのかと聞くと「今、集金(法人会費)に行って来たんだけど、〇〇株式会社が本年度いっぱいで退会するってことで、30分もかけて残留するように言ったんだが、どうしてもだめだった・・・」

ということでした。

 

約10分間の通話内容を要約すると

 

役員として5社の会費集金を担当している。

この時期に集金に行くと、どの会社も暇な時期なのかな?お茶を出してもらって世間話をしてくる。

中小企業といえども会社の社長同士、会話にはいろいろな経営のヒントがある。

そんな中で、法人会役員として、会員の世話役として、会のよさをPRすることが俺の使命だと思う。

それができず、ましてや退会させてしまうなんて論外だ。申し訳ない。

 

ということをおっしゃっていました。

何と責任感の強い役員さんなんだろう、と頭が下がる思いでした。

 

事務局 関

 

 

 

 

 

かげながら応援ブログ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ
  • 確定申告特集

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.