かげながら応援ブログかげながら応援ブログ

  1. HOME
  2. かげながら応援ブログ
  3. 会員さんとの会話

長野法人会 かげながら応援ブログ

会員さんとの会話

新事業の想い

2015.05.27


4月から機関誌「ビジネスサポートながの」にチラシを折込んでいる㈱信防エディックスの新規事業「スカルプ・スパ」についてです。

 

これは最新のヘアケア商品であり、同社の今井社長が「ぜひこれを長野法人会の会員皆様に知ってほしい」ということでチラシ折込にいたりました。

 

先日今井社長を訪ね反響等をお聞きすると「うーん、反響は特段ないけど、ウチでこんな製品を扱っているんだということを少しでもわかってもらえればそれでいいんだ」と。

 

実はこの事業を手掛けるにあたり、あることがきっかけとなったそうです。

 

「昨年、ビジネス展覧会に行った時のこと、スカルプ・スパを扱っているブースに行くと若い女性が訪れていた。髪の毛が生えてこない病気に悩まされていて、このスカルプ・スパに一縷(いちる)の望みをかけて施術しているシーンを目の当たりにした。

 

女性にとって髪は命、世の中にはこのようなことで苦しんでいる女性がいるのかと感じて、それなら自社でも取り組んで、少しでも社会にためになりたいと思った。」

 

これが今井社長のきっかけです。

 

今井社長に限らず、会員企業の社長さんたちにはそれぞれ自社事業などに対して、こだわりや思い入れがあると思いますが、そのようなものを当会の機関誌やHPでもお伝えできればいいなと感じました。

 

事務局 関

「吐く」と「叶う」

2015.04.12

先週、会議のあとの懇親会の途中、役員を務める社長さんから素敵な話をお聞きしました。

 

私がちょっとしたことで弱音を吐いたことがきっかけだったのですが。

 

「おい、関、弱音を吐くの『吐』という字って、口にプラスとマイナスって書くだろ。人間の口からは、いいこともよくないことも言葉になって出てくる。でもなあ、成功する人間っていうのはマイナスなことを吐かないんだよ。『吐』からマイナスをとってみな、『叶』っていう字になるんだ。夢が叶うんだよ」

 

プラス思考で前向きに物事に向かっていく重要性を説いてくれたのです。

 

ということで、今週も行事が目白押しで多忙を極めそうですが、充実の週となるように頑張っていこうと思います。

 

事務局 関

インターネットセミナー

2015.04.02

法人会の加入メリットは会員さんそれぞれ異なりますが、最近増えてきたなあと思うのが「インターネットセミナー」です。

 

ご覧の法人会ホームページ、トップページの下段にアイコンがありますので、そこからお進みください。

 

現在、340タイトル、2105ムービーをご覧いただけて、内容も盛りだくさんです。

 

なぜ、このような紹介をしたかと申しますと・・・。

 

ある社長さんが「ウチ(わが社)にも昨日から新入社員が入ったんだけどさ、ただ、若くはないの。でもビジネスマナーとか基礎から指導する必要があるんだけど、法人会で何か教材のようなものはないかい?」という問い合わせがあったのです。

 

その際、インターネットセミナーを紹介したところ、件の新入社員さんにとどまらず、こちらの社長さんも「こりゃあ、いろんなコンテンツがあって面白いなあ。これ見るだけでも加入のメリットがあるってもんだ、ガハハハ・・・(大笑)」という嬉しい連絡があったのです。

 

どんどん会員皆様に広めていきたいですね。

 

事務局 関

松下幸之助さんの言葉

2015.03.18

礼儀作法というものは決して堅苦しいものでも、単なる形式でもないと思います。それはいわば、社会生活における潤滑油のようなものと言えるのではないでしょうか。

 

職場では性格や年齢、ものの考え方など、いろいろな面で異なる人々が相寄って仕事をしています。そのお互いの間をなめらかに動かす役割を果たすのが礼儀作法だと思うのです。

 

ですから、礼儀作法というものは、当然、心のこもったものでなければなりませんが、心に思っているだけでは潤滑油とはなり得ません。やはり形に表し、相手に伝わりやすくし、心と形の両面があいまった適切な礼儀、作法であってこそ、はじめて生きてくると思うのです。

 

松下幸之助


ある会員さんの会社を訪問した際に、壁に貼ってあったのです。「写真なんか撮らないでよ、恥ずかしいから!」と言われたので、メモしてきました。考えさせられる文章でした。


事務局 関


ほっとパルを見て

2015.03.06


ほっとパル3月号

毎月初旬に各戸にポスティングされる月刊誌『ほっとパル』。

当会の管内には、すべて配達されているようですね。発行会社はもちろん法人会の会員企業です。

 

私達市民の生活に密着した素晴らしい内容が満載で、私は毎号楽しみにしています。

 

月号には、以前当会の信更部会長を務められた村田憲一さんが紹介されていました。本業の土木建築業の他に、農業にも力を入れている方で、記事では旬の野菜を新鮮なうちに販売する「信更農家直販」のお立場での登場でした。

 

ここで、村田さんが信更部会長だった頃に学んだことがあるので、ご披露したいと思います。

 

部会の会合・懇親会の締めの挨拶で、毎回必ず村田さんは「法人会、商工会、農協、自治協(住民自治協議会)も全部ひっくるめた(ひっくるめる=包括する)ところで、一締めを行います」としたのです。

 

当初私は「今日は法人会の会合なんだから、他の団体や組織のことは別にいいんじゃないのかしら」と思ったものでした。


しばらく経ってから真意をお聞きしてみると「まだ関さんも青いな。こんな小さな地区は、全部がよくならないと活性化しないんだよ。商工会や他の団体が衰退していて法人会だけが発展するなんてことはありえないんだ。そこのとこをわからなきゃだめだぞ」と。

 

現在、法人会は平成27年度の役員改選に向けて準備を進めていますが、信更部会は地区全体を俯瞰(ふかん)して、法人会部会人事を行い、これが法人会全体の趣旨に外れていないかどうか確認をしてくれます。村田さんはこんな流れを信更部会に作ってくれました。

 

会員数では大岡部会について、2番目に小さな部会ですが、「山椒は小粒でもピリリと辛い」とは信更部会のためにあるような言葉のように感じます。


事務局 関

かげながら応援ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.