お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 5月版

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 5月版

2016.05.16


㈱永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の智恵(高血圧編その1)


ストレスが原因で発症する生活習慣病の中で、もっともポピュラーなのは血圧症です。

血圧は極論すると、心臓よりも高い位置にある脳に充分な血を送るため血液に掛けている圧力です。

キリンのように脳が高い位置にある動物の上の血圧は300くらいあります。人間の身体の中を走る血管には、太い血管・中ぐらいの血管・細い血管・毛細血管があり、そのうち毛細血管の長さはすべての血管の98%に当たると言われます。心臓も他のもっと太い血管もこの毛細血管に血液を送り込むために存在しているのです。

人間社会でいえば、太い血管は高速道路、中ぐらいの血管は国道や県道、そして毛細血管は自宅前の路地にあたります。細胞は家です。私たちの心がストレスの多い状態になると、毛細血管の中を通る血液量が減ります。特に脳細胞への血流量が足りなくなると、脳は心臓に「もっと強く血液を送って!」と指示を出します。それに心臓が応えて血圧が上がります。ストレスが一時的なものであれば、そのストレス状況が解決することで血圧は普通の状態に戻ります。

しかし慢性のストレスが続くと血圧は高止まりをするようになります。(しかしその血圧は脳の血流量を確保するために必要な血圧だというのが事実です。)脳の血流量の根本的改善をしないまま、この血圧を薬で下げてしまったら、脳の細胞たちはどうなるでしょうか?どうぞ想像してみて下さい。

血液中の糖や脂肪が多く、血液の粘度が上がって流れにくくなり、流れにくい血液を動かす為に高い血圧が必要になり高血圧になる場合もありますが、これは食べ過ぎ・飲み過ぎが原因で、食べ過ぎ・飲み過ぎをやめられない根本原因はストレス(心の食欲)ですから、結局、本をただせばストレスが原因だということになります。(6月号に続く)

                                

前のページへ  |   一覧へ戻る   |  次のページへ

お知らせ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.