お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 7月版

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 7月版

2016.07.14


(株)永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の智恵(高血圧編その3)

 

私たちの体の中で起きてくる反応は、すべてに目的があります。

意味もなく血圧が上がったり、下がったりしている訳ではないのです。

その感じは片足で立った時に立っている方の足の様々な筋肉をフル活用してバランスを取り、どちらにも倒れないようにしている姿に似ています。

脳卒中で亡くなる方が死因全体の15%、さらに脳卒中の内訳を確認してみると、一番多いのが脳梗塞で脳卒中全体の84%。続いて脳出血で亡くなる方が13%、クモ膜下出血で亡くなる方が3%となっています。

このうち、血圧が高いことが影響するのは2番目の脳出血だけで、一番亡くなる人数の多い脳梗塞はかえって血圧の低い人の方がなりやすく、クモ膜下出血も血圧の高い低いと発症は関係ありません。

ですから血圧が高いことが死因となる病気は、15%×13%=1.95%となり凡そ100人の人がいたら、2人は血圧を下げるための方策を取った方がよい人で残りの98人は血圧と死因は直接関係ない人・・・ということになります。

あなたは何のために血圧を下げる薬を飲んでいるのですか?血圧を下げる薬は一時的に必要があって使うことはあっても、飲み続けるべき薬ではありません。

血圧が上がるには、必ず理由があります。その原因を解決することが重要で、血圧を下げる薬は原因が解決されるまでの間、緊急避難的に使われるべきものです。

でも、現実には血圧を下げる薬を飲むだけで「なぜ血圧が上がったのか?どうすれば血圧を下げられるのか?」の検討がなされず、実践もされず「血圧の薬は一度飲み始めたら、一生飲むもの」という嘘が拡がっている現状です。

血圧を年齢や体質を加味して適正なものに保つには、血管の内側の粘膜を健康に保つ働きを持ち、かつ飲む人に合った漢方やサプリメントを使うこと(また、血管を健康な状態で保つにはコレステロールが必要です。)、血液の性質をドロドロにしないこと(コレステロールが高いことと、血液がドロドロすることはイコールではありません。

必ず実際に自分の血液がどのように毛細血管の中を流れているのか確認できる「血管観察:マーシィー稲田薬局で実施しています」をすべきです。)、そしてストレスをストレスとしない物差しを使うことで、交感神経がいつも優位になってしまう状況を減らすことが大切です。

(8月号につづく)

 

前のページへ  |   一覧へ戻る   |  次のページへ

お知らせ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.