お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 10月版

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 10月版

2016.10.17


(株)永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の智恵(高血圧編その6)

 

血圧の高い人には減塩が大切だと言われています。

しかし減塩による効果は高血圧の患者さんの中の20%くらいに当たる「食塩感受性の高い人(余分なナトリウムをおしっこから出すことが苦手な人)」以外はほとんどなく11グラム当たり1mmHg下がるか下がらないか・・というレベルです。

3年も経つと差が出なくなります。

医師がなぜ血圧が高い傾向のある患者全員に「塩を減らす」ように言うかというと、「誰が食塩感受性がわからないから」という理由です。

1週間徹底した減塩をして、血圧が変わらなければその人は「食塩感受性」ではありませんから、その人に単なる減塩は意味がありません。

食塩は心臓や血管に悪影響があるから、全員に指導する価値があるというのが日本循環器学会の主張ですが、それは食塩が強い陽性を持つ食品だからで、陰性の食品(代表的なのは野菜・海藻)の摂り方が少なく、食塩や肉(陽性の食品)の摂取量が多いと、身体が陰陽のバランスを崩し、陽性が病的に強まってビーフジャーキーのように血管を固くし、もともと陽性の臓器である心臓にもダメージを与えるという理屈です。

長野県は日本で食塩摂取量の多さ第2位ですが、野菜の摂取量がダントツの1位で、人口10万人当たりの高血圧患者数は全国35位、脳血管疾患患者数は全国33位、そして平均寿命は男女ともに全国1位という結果になっているのです。

「命を奪う塩」という作り話は、以前にも増して疑問視されるようになりました。

近ごろは学者たちも、「塩分を少なくするようにとアドバイスすれば、人によっては害になる可能性があるかもしれない」と考えはじめています。

汗のかき方も必要な食塩量に関係します。

食塩が不足すると、元気がなくなり体温が低下します。特に老人の場合、塩を控えるのは危険です。

精神能力にも有害ですし、喉があまり渇かなくなって極度に液体を飲まなくなってしまうからです。

熱中症がこんなにも増えていることの原因の一つに意味のない「減塩」が挙げられるのは、そういう理由によります。

11月号につづく・11月号も「塩」のお話です。)

前のページへ  |   一覧へ戻る   |  次のページへ

お知らせ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.