お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 2017年2月

2017年2月

2月のご挨拶 広報委員 宮下正幸

2017.02.20


広報委員 宮下正幸

皆さんこんにちは。広報委員の宮下です。

 

今回、法人会の機関誌、ビジネスサポート長野2月号の表紙に掲載させていただきました。

 

 広報委員の立場で載るのはどうかと思いましたが、結構反響があるとお聞きしていたので本当のところどうなのか興味もあって自らお願いしました。

 当日は取材のライターさんとカメラマンさん二人で会社に来ていただきました。

 

 最初は何かすごく言い事を話そうと力んでいたのですが、実際のところそんな感じではなく、会社の昔話と日頃の雑談などで終了。時間にして4050分ほどでした。

 

 1週間ほどして文章が出来上がり内容は、とても上手に出来上がっていてびっくりしました。

 

 さすがプロ。その後印刷が出来上がり郵送された後は、メールや電話をたくさんいただきました。

 

 噂通り反響がすごかったです。

 

 何より法人会ビジネスサポートを大勢の皆さんが見ている事が分かりました。 これからは皆さんが見ている事を意識しながら広報活動をしていきたいと思います。

知っておきたい税知識"ワイズ" 2月版

2017.02.15

当社は現在、旅費交通費規定の策定について検討していますが、交通費や宿泊費以外に、日当を支給することとしたいと考えていますが、給与として取り扱われてしまいますか?

 

 

 

所得税法では、給与所得者が勤務地を離れてその職務を遂行するための旅行の費用として、通常必要な支出に充てるために支給される金品は、支給した者への給与として取り扱う必要はありません。

なお、支給する会社側は、給与以外の損金(例えば、旅費交通費等)として取り扱うことになります。

この場合の費用には、旅行に必要な交通費や宿泊費などのほか、滞在雑費等に充てるための日当を支給する場合であっても、それが旅行の目的、目的地、旅行する者の地位等に基づいた、客観的に合理的な基準により決められているものであれば、支給した者への給与として取り扱う必要はありません。

 

(参考条文等)

所得税法第9条1項4号(非課税所得)

所得税法基本通達9-3(非課税とされる旅費の範囲)

 

監修 関東信越税理士会長野支部所属

金井秀夫 山浦修 藤澤義章 平井幸光 渡邉隆行

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 2月版

2017.02.15


(株)永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の智恵(コレステロールに関する誤解 その2)

 

J-LIT(日本脂質介入試験)』という臨床試験があります。これは総コレステロールと死亡者数、心筋梗塞死亡者数、ガン死亡者数の関係について"コレステロール低下剤服用中の全国52,421人を6年間、追跡調査した"という大規模なものです。これらの調査結果のなかで、コレステロール値が極端に高すぎる場合は別にして、「コレステロール値が低くなるほど死亡者数が多くなる!」というデータが今、注目を浴びています。とくにガン死亡者数ではその傾向が顕著です。このことはガンのリスクが回避できれば、かなり長生きできるということにもなります。さらに次のような驚くべき結果がみられました。

●コレステロール値が高くても低くても、死亡のリスクは大きくなり、むしろ低いほうがそのリスクは、より大きくなる。

●総死亡のリスクが小さいのは、200280mg/dlで、この範囲内の数値であればリスクは変わらない。

なかでも日本人の死因の20年以上トップであるガンについてだけみると、

● コレステロール値が低いほど、ガン死亡者は多い!

180mg/dl未満のガン死亡者は、280mg/dl以上の人の5倍だった!

これと同じようなデータは、他にも有名なところでは『八尾研究』などいくつも発表されています。

つまり"コレステロール値が高めのほうが長生き"ともいえます。

 

 女性がコレステロールを下げる薬(スタチン類に分類されるもの:現在コレステロールを下げる薬の多くは、このスタチン類です。)を飲んでも、LDL-コレステロール値が下がるだけで、それによって寿命は延びないことが確認されています(特に日本人の場合)。男性の場合も、スタチン類のコレステロールを下げる薬を飲むことで、LDL-コレステロールは顕著に下げるのですが、それが心疾患予防につながっていないことも分かっています(この試験の対象者は、心疾患ハイリスク群、家族性高コレステロール血症、狭心症、腎不全、 心不全、糖尿病などの人)。 

コレステロールを下げる薬(スタチン類)の持つ重大な副作用(糖尿病発生、ガン発生率増加、脳出血、認知障害、うつ状態、睡眠障害、記憶喪失、性機能障害、間質性肺炎、多発性神経炎、横紋筋融解症、広範な筋肉痛・筋肉圧痛、肝機能障害、黄疸、血小板減少など)を考える時、日本人でこれらの薬をあえて使う必要があるのか、大幅な見直しが必要です。次月もコレステロールについて考えてみます。

お知らせ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.