お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 3月版

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 3月版

2017.03.28


(株)永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

コレステロールに関する誤解 その3

 

1.        現在、日本のコレステロールの基準範囲(いわゆる正常範囲)は科学的事実に基づかず、患者数を増やすための値が設定されています。この基準は日本動脈硬化学会が定めたものですが、女性は小さな男として扱われ、おじいちゃんと孫が同じ基準で病的か健康かを測られます。およそ科学的とはいえず、コレステロールの専門医は使っていません。基準範囲が狂っているので、それをガイドラインにして診療をする日本の病院・医院の多くが過剰診療に陥っています。国のガイドラインを作る人間は、その分野で製薬会社から資金提供を受けていないメンバーにしないと、こういうことが起こります。

2.        LDL-コレステロール(可哀そうに悪玉と呼ばれている)が増えることに気を付けなければいけないのは、心筋梗塞のリスクを持っている人だけで、それ以外の人にとって悪玉ではなく、逆に80以下に減ってしまうと死亡率が上昇します。

3.        男性にとってHDL-コレステロールは手放しで「善玉」と呼んでいてはいけない存在です。HDL-コレステロールが90mg/dlを越えると、それに反比例してLDL-コレステロールが減るので、死亡率が上がります。しかし女性はHDL-コレステロールがどんなに上がっても死亡率は上がりません。

4.        「女性にはコレステロール低下薬は不要」これはすでに世界の常識です。女性の場合、心血管系の病気にかかっていても、いなくても、コレステロール低下薬の服用は総死亡率に影響を与えないことが分かっています。

5.     コレステロールが高いから心筋梗塞になるのではなく、心筋梗塞は血管の炎症が原因です。コレステロールは、炎症によって傷ついた血管を修復するために必須の成分です。傷ついた血管を修復するために集まってきたコレステロールは長い間、心筋梗塞の犯人としての汚名を浴びてきました。これは完全に冤罪で、例えるなら火事で消防隊が現場に駆け付けたら、放火の犯人にされてしまったようなものなのです。コレステロールを下げる薬剤を飲み続けると、原因不明で筋肉に力が入らなくなったり、やる気や元気がなくなったり、ガン・認知症・うつなどの病気にかかりやすくなります。薬剤師として、意図的に低く設定された基準値によって病人が量産され、それらの人々が不要な薬剤を飲まされ、その結果薬害が起きてくるという現状を放置できないので、この文章をお読みの会員の皆様だけでも、真実は何かを見極めて頂きたいと切に願います。

前のページへ  |   一覧へ戻る   |  次のページへ

お知らせ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.